1. 性情報が欲しいなら スクエアスペース
  2. エロ通信
  3. 処女のまんこはなかなか挿入できない…

処女の女の子とセックスする時ってなかなか挿入できないですよね。それには理由があったんです。

処女のまんこはなかなか挿入できない…

処女の女の子とのセックス

処女の女の子とのセックスを経験した事がある方は分かると思いますが、なかなか挿入できないですよね。実はそれにはしっかりとした理由があったんです。今回はその秘密をひも解いていきたいと思います。処女の女の子とセックスする機会がある時の為に覚えておいてはいかがでしょうか。ではまず処女膜について説明していきます。

なんで挿入できないの?

まず入らない理由としては膣が濡れない、ということが挙げられます。初めての場合はとても緊張して、普段オナニーをしている女性でもなかなか膣が濡れないのです。膣が濡れていないのに、無理やりペニスを挿入しようとすると摩擦で敏感な皮膚が巻き込まれてしまい痛みを感じます。処女とのセックスでの愛撫は行為よりも優しい言葉や、気遣いなどで気持ちをリラックスさせてあげる事が一番です。時間を掛けても膣が十分に濡れない場合は、ローションを使ってみるのもいいかもしれませんね。

もう一つの理由としては膣が発達していない、ということが挙げられます。処女の場合は、膣が発達していないことがほとんどなので、膣の内側が硬くなっています。そこにペニスが入ってくると、硬い子宮にペニスが当たって痛みを生じます。女性は痛みから守るために無意識にペニスを押し出そうとするので、なかなかペニスが入らないのです。男性は、ゆっくりと時間をかけてペニスを挿入するようにしましょう。挿入してからは、ゆっくりと優しくペニスを動かすようにしましょう。そうすれば、膣内が柔らかくなっていきます。

そして最後の理由がペニスが大きすぎる事です。ペニスが膣に対して大きすぎると、処女は膣が裂けるような激しい痛みを感じます。膣口を十分に濡らして、少しだけ膣内にペニスが入ったとしても、そこからさらに奥に入れようとすると、なかなかペニスが入らないこともよくあります。その場合は、ペニスを少し挿入したまま動かさないようにして、乳首やクリトリスを愛撫してあげましょう。そして、少しずつゆっくりと時間をかけて奥へ入れていくと、膣が緩んでくるので、大きなペニスでも処女とのセックスで挿入することができます。

処女とのセックスは、男性が女性のことを考えてあげて、焦らずゆっくり行う事が大事です。相手を表情や声を感じながら大切に初めてのセックスを楽しみましょう。

サイト情報

免責事項

当サイトが配信しているコンテンツの中にはアダルト情報もありますので未成年の方は自己責任でお願い致します。また当サイトの利用及び、リンク先の利用でのいかなるトラブル、損失、損害も当サイトは一切の責任を負いかねます。

Copyright © 性情報が欲しいなら スクエアスペース All Rights Reserved.